留守番電話、自動音声の対応に役立つスペイン語フレーズ

留守番電話、自動音声の対応に役立つスペイン語フレーズ

(最終更新日 2024/05/15)

電話をかけたとき、相手が不在で留守番電話サービスにつながることがありますよね。

留守番電話や自動音声の場合は、聞き直すことができません。そのため自動音声になった場合、何を言っているかを知っておくと対応がスムーズにできます。

そこで今回は「留守番電話」に関するスペイン語フレーズを紹介します!

この記事でわかること
・留守番電話の自動音声で流れるメッセージ内容

今回紹介するフレーズを学んで、留守番電話や自動音声への対応をスムーズにできるようになりましょう。

ビジネススペイン語コーチングコース案内

留守番電話や自動音声で流れるスペイン語フレーズ

留守番電話や自動音声につながった場合は、以下のメッセージが流れることが多いです。

Este es el buzón de voz de ~.
(こちらは ~ の留守番電話メッセージです。)

Por favor deje su mensaje después del tono.
(発信音の後にメッセージを残してください。)

Presione el número ~ 
(〜の番号を押して下さい。)

ここでは、上記のフレーズに関して、紹介いたします。

留守番電話であることを表現する「Este es el buzón de voz de ~.」

電話をかけた際に、相手が不在であれば、留守番電話の音声メッセージになります。

留守番電話のメッセージの形式は、いくつかあります。

まず、始めに「留守番電話のメッセージ」であることを理解する必要がありますね。

留守番電話メッセージの中で、頻繁に使用されている表現がこちらです。

Este es el buzón de voz de ~.
(こちらは ~の留守番電話メッセージです。)

~の部分には、個人名や会社名、または電話番号が言われることがあります。

たとえば、このようにメッセージが流れます。

Este es el buzón de voz de Mario.
(こちらはマリオの留守番電話メッセージです。)

Este es el buzón de voz de la empresa AUTO MEXRENTA.
(こちらはAUTO MEXRENTA社の留守番電話メッセージです。)

Este es el buzón de 1 2 3 4 5 6 7 8.
(こちらは電話番号1234-5678の留守番電話メッセージです。)

buzónはの意味は「郵便ポスト、郵便受け」で、voz は「音声」という意味です。

buzón de vozを直訳ですと「音声の送受信箱」ですが、さしづめ意訳で「留守番電話メッセージ」などとなります。

また留守番電話の別のフレーズとしては、こちらがあります。

contestador automático
(留守番電話)

ぜひ、こちらも覚えておきましょう!

Este es el buzón de voz.
ビジネススペイン語コーチングコース案内

「発信音の後にメッセージを残してほしい」という意味の「Por favor deje su mensaje después del tono.」

留守番電話であることがわかったら、メッセージを残すことがありますよね。

そのため留守番電話の自動音声にて、メッセージを残すように促されることがあります。

そんなときに、よく使われる自動音声のフレーズがこちらです。

Por favor deje su mensaje después del tono.
(発信音の後にメッセージを残してください。)

deje su mensaje」では動詞「dejar」 (残す)の命令形を使って、「メッセージを残してください」と言っています。

また留守番電話でメッセージを残す際は、発信音の後にメッセージを言いますよね。

そのため「después del tono」(発信音の後で)と伝えられます。

Por favor deje su mensaje después del tono.

después del tono」(発信音の後で)以外でも、このようなフレーズが伝えれることがあります。

luego de tono (発信音の後で)

después de señal (信号音の後で)

どちらも同じ意味として使われています。つまりは、「ピー」っと音が鳴ったらメッセージを残せるということです。

なお、発信音の後には発信者、つまりあなたの名前を伝える必要があります。

誰が電話をしたかを伝えるスペイン語フレーズは、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

内線番号を押すことを指示するフレーズ「Presione el número ~.」

会社や団体などへ電話すると、まず自動音声に繋がることがあります。

自動音声では、部署名と内線番号が伝えられることが多いです。

ここを聞き逃すと、再度聞き直すか、かけ直す必要があります。

内線番号を押す指示がある場合、多くはこのように伝えられます。

Presione el número ~ 
(~の番号を押して下さい。)

ただ実際には、選択肢が示され「◯◯部へおかけの場合は1番、◯◯部へおかけの場合は2番…を押してください」というように言われます。

たとえばスペイン語では、このように伝えられます。

Para Departamento de Venta, presione uno.
(営業部は、1番を押してください。)

Para Departamento de Producción, presione dos.
(生産部は、2番を押してください。)

Para Departamento de Administración, presione tres.
(総務部は、3番を押してください。)

Para Departamento de Recursos Humanos, presione cuatro. 
(人事部は、4番を押してください。)

Para Departamento de Venta, presione uno.

留守番電話の場合、部署名を覚えておくと、どの番号を押せばいいかがすぐわかりますので、覚えておくと便利です!

自動音声のメッセージによっては、動詞「marcar」を使っていることもあります。

たとえば、5番を押してほしい場合はこのように言います。

Marque cinco.
(5番を押して下さい)

留守番電話の場合ですと「presionar」と同じ意味です。

ビジネススペイン語コーチングコース案内

スペイン語での会社の部署名一覧

スペイン語での部署名は、以下のようにいいます。

Departamento de ~. 
(〜部)

「〜」の箇所に部署名を入れます。

例えば、人事部の場合はこのようにいいます。

Departamento de Recursos Humanos. 
(人事部)

以下は、一般的な会社の部署名の一覧です。会社によって部署名などは異なる場合がありますので、一般的な参考情報として留めておいてください。

部署名(スペイン語)部署名(日本語)
Dirección経営陣
Recursos Humanos人事部
Finanzas財務部
Ventas営業部
Marketingマーケティング部
Desarrollo de Producto製品開発部
Logística物流部
Servicio al Clienteカスタマーサポート
Comunicaciones広報部
Legal法務部
Calidad品質管理部
Investigación y Desarrollo研究開発部
Producción生産部
Compras購買部
Administración総務部
Auditoría監査部

留守番電話に対応するスペイン語フレーズを使ったダイアログ

留守番電話につながった際のダイアログを見てみましょう。

Ken: ¡Aló! ¿La empresa AUTOMEX RENTA ?

Buzón de voz: Muchas gracias por su llamada.
Este es el buzón de voz de la empresa AUTO MEXRENTA.
En este momento no podemos atenderle.
El horario de atención es de lunes a viernes de 9 horas a 17 horas.
Por favor, deje su nombre y un mensaje después de tono.

Ken: Buenas noches. Soy Ken Tanaka, Excellente Automotive Mexico S.A. de C.V.
Quisiera hablar con Sr. Rafael Ortega del departamento de compra, para solicitar una cita de reunión.
Mañana a las 10 de la mañana llamaré otra vez. Gracias.

ケン:もしもし。AUTOMEX RENTA社でしょうか?

留守電の音声:お電話ありがとうございます。
こちらは、AUTO MEXRENTA社の留守番電話メッセージです。
ただいま、ご用件を承ることができません。
営業時間は、月曜から金曜までの9時から17時までです。
発信音の後に、お名前とメッセージを残していただくよう、お願いします。

ケン:こんばんは。Excellente Automotive Mexico株式会社の田中ケンと申します。
購買部のラファエル・オルテガ様と打ち合わせをお願いする件で、お話ししたいのです。
明日、また午前10時にお電話をさしあげます。ありがとうございます。

まとめ:留守番電話、自動音声に関連するスペイン語フレーズ

本記事では、留守番電話の自動音声で流れるメッセージ内容に焦点をあてたスペイン語フレーズを紹介しました。

紹介した内容を覚えておくことで、すぐに留守番電話と判断することや、自動音声から電話をかけたい部署を選択できます。

ぜひ、参考にしてみてください。

なお、スパニッシモブログでは、その他にもスペイン語での電話対応に関する記事を紹介しています。

こちらもご覧いただけますと嬉しいです。

スペイン語での電話は、音声のみのコミュニケーションとなるため、顔を見ながらの会話よりも難易度は高くなります。

スパニッシモでは、ビジネススペイン語コーチングコースで電話応対のレッスンを提供しています。

スペイン語での電話応対の練習に興味がございましたら、ぜひお申し込みください。

ビジネス現場で役立つスペイン語を学ぶ「ビジネススペイン語講座」

ビジネスコース紹介

スペイン語を話せるようになるには、インプットだけでなく、アウトプットとして、学んだことをどんどん練習することが大切です。

ビジネススペイン語コーチングコースでは、想定されるビジネスシーンに基づいた単語やフレーズを学び、ダイアログや練習問題を通じて、理解を深めていきます。

スパニッシモに在籍しているグアテマラ人講師とビジネスで役立つスペイン語を学びませんか?

ビジネススペイン語コーチングコースとは?

About Kai Yoshizawa

スパニッシモブログ編集担当 スペイン語ほぼゼロ状態でグアテマラでスペイン語学習。その後スパニッシモで、文法解説動画「Spanish in 3 steps」やビジネススペイン語コーチングコース、メキシコキャリア養成講座などのコース開発他、講師マネジメントや学習者のサポートに従事。 自身のスペイン語学習経験や多くのスペイン語学習者をサポートしてきた経験を踏まえて、すぐに実践できるスペイン語情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください