「久しぶり!」とスペイン語で挨拶するには?

Last Updated on 2021/04/30 by SPANISIMO Yoshizawa

親しくなった友人と久しぶりに会えたときは、とてもうれしいものですよね。

留学や海外出張で知り合った友人、同僚などと長い期間をあけて会う場合もあるかと思います。
そんなときに、再会を嬉しく思うスペイン語のフレーズをすらっと言えたらいいですよね!

そこで今回は友人や同僚などに久しぶりに会う人への挨拶で使えるフレーズをご紹介します!

ここで紹介するフレーズを学んで、久しぶりに会う職場の同僚や友人に使ってみてください!

 

久しぶりに会う人への挨拶で使えるスペイン語フレーズ

本日紹介する久しぶりにフレーズはこちらです!

1.¡Tanto tiempo!(久しぶりですね!)

2.¡Cuánto tiempo sin vernos!(お久しぶりです!)

3.¡Qué alegría verte otra vez!(また君に会えてうれしいです!)

 

「¡Tanto tiempo!」で簡単に「久しぶり」と表現してみましょう!

まず一番に暗記すべきフレーズは、こちらです!

¡Tanto tiempo!(久しぶりですね!

直訳すると、「とても長い時間」となりますが、長い期間会っていないことを表すため、「久しぶり」という表現になります。
短くて簡単かつとても便利なフレーズなので、ぜひ覚えて、久しぶりに会った友人や知人で、使ってみてください。

 

「¡Cuánto tiempo sin vernos! 」で懐かしながら会っていない期間を確認!

「久しぶり」の別の表現のフレーズになります。

¡Cuánto tiempo sin vernos!(お久しぶりです!)

より細かく見ていくと、

Cuánto tiempo「どれだけの時間」

sin vernos「お互いに会わずに」となります。

そのため、「¡Cuánto tiempo sin vernos!」は、直訳で「どれだけの時間、お互いに会っていないでしょう。」と、とても懐かしがる気持ちで「お久しぶりです!」と表現します。

 

¡Cuánto tiempo!(久しぶり!)

と、この表現を短縮形にして表現をすることもあります。

「¡Tanto tiempo!」とは、大きな違いはなく、どちらも懐かしさを表す表現です。

 

また、さらに別の表現で、こちらの表現も使うことができます。

Hace mucho tiempo que no le veía.(長いことあなたと会っていませんでしたね。)

こちらのフレーズは、長い期間に渡って会えていなかったことを確認する気持ちが強いです。

 

久しぶりに会う嬉しさを「¡Qué alegría verte otra vez!」で伝えよう!

久しぶりに会って、うれしさを伝えるのがこちらのフレーズです。

¡Qué alegría verte otra vez!(再びきみに会えて嬉しいです!)

¡Qué ~!」の形を使っていますので、強い感情表現です。

Qué の直後には、感情を表す形容詞がきますので、

¡Qué alegría!」と使うと、「なんとうれしいことか!」となります。

 

そして「verte otra vez「再びきみに会う」の部分は、うれしい理由を説明している箇所になります。

この表現を使う場合、親しい友人同士ですとハグをしながら挨拶をしたしもします。

 

スペイン語のワンポイントアドバイス!¡Qué ~! の使い方

前述の通り、スペイン語で感嘆などの強い感情を表すときには、¡Qué ~! を使用します。

なんと~、どれほど~」という意味になります。

¡Qué ~! を使用することで様々な感情を表すことができます。

¡Qué bien!(なんと素晴らしい!)

¡Qué bonita!(なんとかわいい!)

¡Qué sorpresa!(びっくりした!)

¡Qué tristeza!(なんと悲しいことか!)

久しぶりに会う人への挨拶で使えるスペイン語フレーズを使ったダイアログをみてみよう!

José:  ¡Hola! Ken. ¡Tanto tiempo! ¡Qué alegría verte otra vez!

Ken:  ¡Hola! José. ¡Cuánto tiempo sin vernos! Ya pasó tres años, ¿verdad?

José:  Qué tal la familia en Japón.

Ken:  Todos muy bien, gracias.

 

*会話の日本語訳*

ホセ: こんにちは、ケン!久しぶり!君にまた会えて嬉しいよ!

ケン: やあ、ホセ!久しぶりだね!もう3年も経ったよね!

ホセ: 日本の家族は元気ですか?

ケン: みんな元気ですよ。ありがとう。

 

今回学んだ久しぶりに会う人への挨拶で使えるスペイン語フレーズの振り返り

久しぶりに会うときの挨拶に使えるすぐに覚えるべきフレーズはこちら!

1.¡Tanto tiempo!(久しぶりですね!)

2.¡Cuánto tiempo sin vernos!(お久しぶりです!)

3.¡Qué alegría verte otra vez!(また君に会えてうれしいです!)

 

その他にこちらのフレーズも学びました。

¡Cuánto tiempo!(久しぶり!)

Hace mucho tiempo que no le veía.(長いことあなたと会っていませんでしたね。)

¡Qué bien!(なんと素晴らしい!)

¡Qué bonita! (なんとかわいい!)

¡Qué sorpresa! (びっくりした!)

¡Qué tristeza! (なんと悲しいことか!)

 

よい意味で、感情を表現できるのは、スペイン語圏ではとても重要です。

あなたもうれしい気持ちを、言葉だけでなく、身体全体で表現してみて下さい。

 

スパニッシモのビジネススペイン語コーチングコースで学んだ内容を練習しませんか?

今回は、日常生活やビジネスでも使える、「久しぶり」と伝える挨拶で使えるスペイン語フレーズをご紹介しました。

今回学んだ内容を覚えるだけで、久しぶりにあった友人や同僚に挨拶ができますし、また久しぶりに送るメッセージにも使えます!

 

また実際にスペイン語会話で使えるようになるには、実践的な練習が必要です!

現在スパニッシモで開講しているビジネススペイン語コーチングコースでは、想定されるビジネスシーンに基づいた単語やフレーズを学び、ダイアログや練習問題を通じて、理解を深めていきます。

 

ビジネススペイン語コーチングコースの概要は下記からご確認いただけますので、ぜひご確認ください。

【ビジネススペイン語コーチングコースお申し込み】集中した実践練習で即戦力の人材になる!

ビジネススペイン語コーチングコースやその他、ご不明点がございましたら、お気軽にスパニッシモカスタマーサポートまでご連絡ください。

 

スペイン語で「ごめんなさい」「すみません」などの謝罪表現

スペイン語で「さようなら」「またね」など別れの挨拶で使えるフレーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください