ビジネスでも役立つスペイン語の自己紹介表現とフレーズ

ビジネスでも役立つスペイン語の自己紹介表現

(最終更新日 2023/06/06)

初対面の方へは必ず自己紹介をします。自己紹介では名前や肩書き、出身や所属などさまざまなことを伝えますよね。

しかし、スペイン語学習を始めたばかりですと、自己紹介でつまづいてしまう方も多いです。

そこで本記事では、スペイン語での自己紹介で役立つフレーズを紹介します。

この記事でわかること
・自分の名前をスペイン語で伝えるフレーズ
・初対面の方へのスペイン語での挨拶方法
・自分の出身や仕事、趣味を相手に伝えるフレーズ

自己紹介で使えるスペイン語フレーズを学んで、ぜひお仕事や日常生活の中でお役立てください。

目次

自己紹介で名前を伝えるスペイン語フレーズ

自己紹介ではまず相手に名前を伝えます。ここでは相手に名前を伝えるスペイン語フレーズを紹介します。

「Me llamo~」を使って名前を伝える自己紹介表現

名前を伝えるときは、よく使われる表現はこちらです。

Me llamo〜
(私の名前は〜です。)

名前を入れるとこのようになります。

Me llamo Ken.
(私の名前はケンです。)

Me llamo Maria.
(私の名前はマリアです。)

「Mi nombre es~」を使って名前を伝える自己紹介表現

次のような形でも、名前を伝えることができます。

Mi nombre es ~.
(私の名前は〜です。)

名前を入れるとこのようになります。

Mi nombre es Ken.
(私の名前はケンです。)

Mi nombre es Maria.
(私の名前はマリアです。)

「Yo soy~」を使って名前を伝える自己紹介表現

Ser動詞を活用して、名前を伝えることもできます。

Yo soy ~.
(私は〜です。)

名前を入れるとこのようになります。

Yo soy Ken.
(私はケンです。)

Yo soy Maria.
(私はマリアです。)

ご覧いただいてるように、相手に名前を伝える表現はとてもシンプルです。

ぜひこの表現は暗記して自己紹介で使ってみてください。

自己紹介で相手の名前を尋ねる表現

自己紹介では、自分の名前を伝えることはもちろん、相手の名前を聞くこともあります。

相手の名前はこのように聞くことができます。

¿Cómo te llamas?
(お名前は何ですか?)

¿Cuál es tu nombre?
(お名前は何ですか?)

もしあなたが相手の名前と姓を知りたい場合はこのように聞きましょう。

¿Cuál es tu nombre y apellido?
(お名前と姓は何ですか?)

このように聞くことで相手のフルネームを聞くことができます。

自己紹介で使えるスペイン語の挨拶表現

自己紹介をするときは、名前と合わせて挨拶をしますよね。

自己紹介で使える挨拶表現を覚えておくことで、より丁寧な自己紹介をすることができます。

日常でもよく使われる簡単な挨拶

相手にお会いしたときはまず挨拶をします。

時間帯に合わせて以下の挨拶をしましょう。

Buenos días(おはよう)
Buenas tardes(こんにちは)
Buenas noches(こんばんは)

「はじめまして」を伝えるスペイン語フレーズ

挨拶ができたら次に「はじめまして」と伝えます。

スペイン語で「はじめまして」は、このように言います。

Mucho gusto.
(はじめまして。)

「Mucho gusto.」は、名前を言う前後で使うことができます。

Mucho gusto. Me llamo Ken.
(はじめまして。私の名前はケンです。)

Me llamo Maria. Mucho gusto.
(私の名前はマリアです。はじめまして。)

こちらは前後どちらでも問題ありません。

ビジネスシーンなどでより丁寧に「はじめまして」を伝えたい場合は、このようにいいます。

Encantado/a
(はじめまして。)

「Encantado/a」は男性が言う場合、女性が言う場合で語尾が異なるので注意が必要です。

男性が言う場合は、「Encantado
女性が言う場合は、「Encantada

語尾に気をつけて挨拶に使ってください。

「お会いできてうれしいです」を伝えるスペイン語フレーズ

初めて会う方に「お会いできてうれしいです」と伝えることもありますよね。

その場合は以下の表現を使って伝えましょう。

Un placer conocerte.
(お会いできてうれしいです。)

よりフォーマルに伝える場合は、以下の表現を使います。

Es un gusto conocerle.
(お会いできてうれしいです。)

Gusto en conocerlo/a
(お会いできてうれしいです。)

どちらもビジネスシーンや日常生活で使うことができます。状況に合わせて使ってみてください。

挨拶については、以下の記事で詳しく紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

出身や住んでいる地域を伝えるスペイン語フレーズ

自己紹介では出身地や住んでいる場所を相手に伝えることもあります。

ここでは出身や居住地域などを伝えるスペイン語表現を紹介します。

出身地や出身国を伝えるフレーズ

自己紹介でよく「どこの出身ですか?」と聞かれることがあります。

自分の出身を伝える場合は、このように伝えます。

Soy de (出身地).
(私の出身は〜です。)

例えば、このように伝えます。

Soy de Tokio.
(私の出身は東京です。)

Soy de Hokkaido.
(私の出身は北海道です。)

また相手からはどの国の出身かと聞かれることがあります。そのときも同じ伝え方ができます。

Soy de Japón.
(私の出身は日本です。)

Soy de México.
(私の出身はメキシコです。)

「日本人です。」などのアイデンティティを伝える場合のフレーズ

「〜出身です」と言わずに「私は日本人です。」などと伝えることがあります。

そのときは名前を名乗るのと同じ、「Yo soy〜(私は〜です)」と伝えることができます。

例えば、日本人と伝える場合は、このように言います。

(男性の場合)
Soy japonés.
(私は日本人です。)

(女性の場合)
Soy japonesa.
(私は日本人です。)

住んでいる場所や住んでいた地域を伝える

自己紹介の中では住んでいるところを聞かれるかもしれません。

そんなときは、以下のように答えます。

Vivo en(住んでいるところ).
(〜に住んでいます。)

例えば、アンティグア市に住んでいますという場合は、

Vivo en Antigua Guatemala.
(アンティグアに住んでいます。)

明確に相手に住んでいるところを伝えずに「この辺だよ!」というときは、このようにいいます。

Cerca de aquí.
(この近くです。)

相手の出身地や住んでいる場所を聞く

自分の出身地を伝えるのと同時に相手の出身などを聞くことで、会話を広げることができます。

相手の出身を聞くときは以下のフレーズを使いましょう。

¿De dónde eres?
(どこの出身ですか?)

フォーマルに聞く場合は、以下のように聞きましょう。

¿De dónde es usted?
(どこの出身ですか?)

相手の出身国を直接聞きたいときはこのように聞くことができます。

¿De qué país es?
(どこの国の出身ですか?)

ぜひこちらのフレーズを使って、相手の出身も聞いてみてください。

自己紹介で仕事や肩書きを伝えるスペイン語フレーズ

自己紹介の中で職業や従事していることについても話します。

ここでは、職業や肩書きを伝える単語やフレーズを紹介します。

自分の職業や肩書きを伝える表現

自己紹介では職業や肩書きも伝えることがあります。

職業や肩書きを伝える場合も、「Soy ~」を使って伝えることができます。

Soy estudiante de la universidad.
(私は大学の学生です。)

Soy maestro de matemática.
(私は数学の先生です。)

Soy ingeniero de carros.
(私は車のエンジニアです。)

また肩書きではなく、「私の仕事は〜です。」と伝えることもあります。

その場合は以下のようにいいます。

Mi trabajo es médico.
(私の仕事は医師です。)

Mi trabajo es programador/a.
(私の仕事はプログラマーです。)

Mi trabajo es profesor/a.
(私の仕事は教師です。)

「Mi trabajo es」の後に職種名を入れて伝えてください。

また職業名ではなく、「〜に従事している」「〜に取り組んでいる」などと伝えることがあります。

その場合は「Me dedico~」と伝えることができます。

Me dedico a la enseñanza.
(私は教育に従事しています。)

Me dedico a la música.
(私は音楽に専念しています。)

Me dedico a la investigación científica.
(私は科学的な研究に取り組んでいます。)

具体的な職業名ではなく、取り組んでいることを伝えたいときは、上記の表現を使ってみてください。

相手の職業や専門を聞く

自己紹介で職業の話になったら、相手の職業も聞けると会話もスムーズにできます。

これらのフレーズは職業名や肩書きを直接聞かずに相手が何に従事しているかを聞くことができます。

¿A qué te dedicas?
(あなたは何をしていますか?)

¿A qué te dedicas profesionalmente?
(あなたは専門的に何をしていますか?)

仕事以外でプロジェクトなどをしている方などへも聞くことができます。

直接相手の職業や肩書きを聞く場合は、以下のフレーズを使って聞いてみてください。

¿Cuál es tu profesión?
(あなたの職業は何ですか?)

¿Cuál es tu ocupación?
(あなたの職業は何ですか?)

また「Trabajar(働く)」動詞を使って、相手の仕事を聞くことができます。

¿En qué trabajas?
(あなたは何をしていますか?)

ぜひこれらのフレーズを使って、相手の仕事や職業を聞いてみてください。

また職業や肩書きを伝えるスペイン語表現は、以下の記事でも詳しく紹介しています。ぜひこちらもご覧ください。

自己紹介で趣味や好きなものを伝えるスペイン語フレーズ

相手の好きなものを聞いたりすると話が盛り上がったり、共通の趣味があるとさらに仲良くなれるかもしれません。ここでは自己紹介で趣味に関するフレーズを紹介します。

自分の趣味を伝えるスペイン語表現

趣味はスペイン語で「Afición」「Hobby」または「Pasatiempo」といいます。

これらの単語を使用することで、「私の趣味は〜です。」や「〜は私の趣味です。」と伝えることができます。それぞれの単語を使った例文を紹介します。

「Afición」を使って趣味を紹介する例文

Mi afición es la fotografía.
(私の趣味は写真です。)

El fútbol es mi afición.
(サッカーは私の趣味です。)

「Hobby」を使って趣味を紹介する例文

Mi hobby es tocar la guitarra.
(私の趣味はギターを弾くことです。)

Coleccionar sellos es mi hobby.
(切手を集めることは私の趣味です。)

「Pasatiempo」を使って趣味を紹介する例文

Mi pasatiempo favorito es leer.
(私のお気に入りの趣味は読書です。)

Hacer manualidades es mi pasatiempo.
(手芸は私の趣味です。)

このように趣味を伝えることができます。上記のフレーズと好きな理由を述べられると、相手もより理解しやすくなります。

Mi pasatiempo favorito es leer. Disfruto sumergirme en diferentes historias y explorar nuevos mundos a través de los libros.
(私のお気に入りの趣味は読書です。本を通してさまざまな物語に没頭し、新しい世界を探索するのが楽しいです。)

自分の好きなものを伝えるスペイン語表現

趣味を伝えずに、好きなものとして伝えることもあります。

そのときはGustar動詞を使って表現します。

Me gusta ~.
(~がお気に入りです。~好きです。)

例えば、以下のようにいうことができます。

Me gusta pintar.
(絵を描くことが好きです。)

Me gusta bailar.
(踊ることが好きです。)

Me gusta viajar.
(旅行することが好きです。)

このように好きなものを相手に伝えることもできます。

相手の趣味や好きなものをきくフレーズ

相手の趣味や好きなものを聞くことで、さらに会話を弾ませることができるはず。

相手の趣味を聞くときは、以下のように質問してみましょう。

¿Cuál es tu afición?
(あなたの趣味は何ですか。)

もちろん、「hobby」や「Pasatiempo」で聞くこともできます。

¿Cuál es tu hobby?
(あなたの趣味は何ですか。)

¿Cuál es tu pasatiempo?
(あなたの趣味は何ですか。)

相手に「趣味は何?」と聞くと、回答に困ってしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、相手に「休みの日は何してる?」と聞くのも良いです。

¿Cómo pasas tus días de descanso?
(休みの日はどのように過ごしてますか?)

¿Cómo pasa su tiempo libre?
(自由な時間ではどのように過ごしますか。)

これらのフレーズを使って、ぜひ趣味や好きなものについて話し合ってみてください。

またスペイン語の趣味の紹介については、以下の記事でも紹介しております。ぜひご覧ください。

スペイン語の自己紹介フレーズを使ったダイアログ

今回紹介をしたフレーズを使ったダイアログを見てみましょう!

Ken: Mucho gusto. Me llamo ken Tanaka.

Luis: Mucho gusto. Me llamo Luis Daniel. ¡Bienvenido a México!

Ken: Es un gusto conocerle.

Luis: ¿De dónde es Ken?

Ken: Soy de Japón.

Luis: ¿Ha venido a México por la primera vez?

Ken: Sí, no solamente México, sino también América Latina donde se habla español.

ケン:はじめまして。私は田中ケンといいます。

ルイス:はじめまして。ルイス・ダニエルといいます。メキシコへようこそ。

ケン:お会いできてうれしいです。

ルイス:ケンはどこの出身ですか?

ケン:日本出身ですよ。

ルイス:メキシコにはじめて来られたのですか?

ケン:はい、メキシコだけでなくスペイン語を話すラテンアメリカ(の国)が、初めてです。

まとめ:ビジネスでも使えるスペイン語での自己紹介表現

自己紹介は相手の第一印象にもつながるため、日常生活ではもちろんビジネスシーンでもとても大切です。そんな自己紹介では、ぜひ相手に知ってもらいたいですよね。

ぜひ今回紹介した内容を参考に、自分の名前だけでなく挨拶や自分の知ってもらいたいことを含めて伝えてみてください。

またスパニッシモブログでは、自己紹介にまつわる表現を以下の記事でも紹介しています。ぜひ、こちらも合わせてご覧ください。

また実際にスペイン語で自己紹介をする前に練習をしたいと思われたら、スパニッシモの無料体験レッスンを活用してください。

新しい先生とのレッスンでは必ず自己紹介をします。その際に自分の名前や出身、仕事や趣味などを伝える練習することができます。

もし初心者でネイティブとのスペイン語レッスンに不安がありましたら、ぜひスパニッシモの学習相談をお申し込みください。

オンラインスペイン語会話をはじめるならスパニッシモ*

スパニッシモ紹介画像

スペイン語を話せるようになるには、インプットだけでなく、アウトプットとして、学んだことをどんどん練習することが大切です。

スパニッシモに在籍しているグアテマラ人講師とスペイン語を練習して話せるようになりませんか?

スパニッシモとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください