「手伝いましょうか?」と手伝いを申し出るスペイン語フレーズ

「手伝いましょうか?」と手伝いを申し出るスペイン語フレーズ

(最終更新日 2024/01/10)

仕事や日常生活の中で、相手に手伝いを申し出ることがありますよね。

手伝いを申し出ることができるようになれば、相手からの信頼感も増すことでしょう。

そこで今回は手伝いを申し出るときに役立つスペイン語フレーズを紹介します

本記事で紹介する内容を参考に、職場の同僚や日常生活で困っている方がいるときは手を差し伸べられるようになりましょう。

\スペイン語を話せるようになりたいあなたへ/
無料で体験できるオンラインスペイン語会話レッスン

延べ30万回以上レッスンを実施してきたスパニッシモの無料体験レッスンです。

  • 入会金・教材費無料で学習ができる
  • いつでも、どこでも受講ができる
  • グアテマラのネイティブ講師とマンツーマンで学習できる

スペイン語の初心者〜上級者の方まで受講できる
オンラインスペイン語レッスンをぜひ体験してください!

手伝いを申し出るときに役立つスペイン語フレーズ3選

本記事で紹介するフレーズはこちらです。

¿Puedo ayudarle en algo?
(何か手伝うことはありますか?)

¿Me necesita para algo?
(何か必要ですか?(必要なことがあればいってください。))

Yo lo haré.
(私がそれをやりましょう。)

上記のフレーズ紹介と関連した内容を以下に記載します。

1400円相当のレッスンが無料で受けられる。スパニッシモの体験授業

手伝いを申し出るフレーズ「¿Puedo ayudarle en algo?」

忙しそうにしている同僚や上司などを見て、何か自分にできることはないかを聞きたい場合があります。

そんなときに使えるフレーズがこちらです。

¿Puedo ayudarle en algo?
(何か手伝うことはありますか?)

こちらのフレーズで手伝いを申し出ることができます。

動詞「Ayudar」が「助ける」の意味を持っています。

より単純に表現したい場合には、このように言います。

¿Puedo ayudarle?
(手伝うことはありますか?)

別の表現ですと下記のフレーズを使って、手伝いを申し出ることができます。

¿Necesita usted ayuda?
(手伝いが必要ですか?)

¿Le ayudo? 
(手伝いましょうか?)

主語は異なりますが意味合いはほとんど同じです。

様々な言い方を覚えて、手伝いを申し出てみてください。

¿Puedo ayudarle en algo?
1400円相当のレッスンが無料で受けられる。スパニッシモの体験授業

相手に必要なことがあるかを聞く「¿Me necesita para algo?」

「自分が必要ならば、何でも言ってください。」というニュアンスで手伝いを申し出るフレーズがこちらです。

¿Me necesita para algo?
(何か必要ですか?)

¿Puedo ayudarle en algo?」の表現と類似のフレーズですが、自分の必要性を強く聞いている点が少し異なります。

¿Me necesita para algo?

手伝いの申し入れを受け入れるときの返答表現

自分が手伝いの申し出ることもあれば、相手から手伝いの申し入れがある場合もあります。

そのため返答方法も覚えておきましょう。

手伝いの申し入れを受け入れる場合はこのようにいます。

Sí, gracias.(はい、ありがとうございます。)

Sí, por favor.(はい、お願いします。)

Sí, ayúdeme.(はい、手伝ってください。)

Sí, muy amable.(はい、どうもご親切に。)

手伝いの申し入れがあったときは、相手にお礼を言うこともあります。

スペイン語でのお礼表現については、以下の記事からご覧ください。

手伝いの申し入れを断るときの返答表現

もちろん、申し入れを受け入れることもあれば、断わることもありますよね。

手伝いの申し入れを断る場合は、このように言います。

No, gracias.
(いいえ、大丈夫です。)

No, no necesito ayuda.
(いいえ、助けは必要ありませんよ。)

手伝いを申し出をされたときは、上記のフレーズを使ってください!

また本ブログでは、スペイン語でのはい、いいえの返答表現を紹介しております。

こちらもぜひご覧ください。

手伝う意志を表明するフレーズ「Yo lo haré.」

より積極的に「私がやります。」と意志を表する場合はこの表現を使用します。

Yo lo haré.
(私がそれをやりましょう。)

このフレーズは相手の意思に関係なく「自分がやりますよ。」と表現していることになります。

したがって、2人の間に信頼関係がある場合に使用するようにしてください。

信頼関係がないのに、この表現を使用すると、ときにはにお節介になってしまいますね。

Yo lo haré.

手伝いを申し出るスペイン語フレーズを使ったダイアログ

今回紹介した手伝いを申し出るときに役立つスペイン語フレーズを使ったダイアログを2つの例で見てみましょう

手伝いを申し出るときのフレーズを使った会話例 ①

Luis: ¿Puedo ayudarle en algo?

Ken: Estoy buscando un informe de venta el año 2017, pero no puedo encontrarlo.

Luis: Yo lo haré.

ルイス:何か手伝うことはありますか?

ケン:2017年の販売報告書を探しているのですが、見つけることができません。

ルイス:私がそれをやりましょう。(報告書を探しましょう。)

手伝いを申し出るときのフレーズを使った会話例 ②

Ken: ¿Me necesita para algo?

Jorge: ¿Tiene la información del nuevo vehículo que comienza a vender en Japón?

Ken: Sí, la tengo. Voy a informarle.

ケン: 何か必要でしょうか?

ホルヘ:日本で販売が始まる新車の情報を持っていますか?

ケン:はい、持っています。報告しますね。

まとめ:スペイン語で手伝いを申し出る表現

今回は手伝いを申し出や手伝う意志を表明するフレーズ、また申し入れがあったときの返答表現を紹介しました。

困っている方を見かけたときに、スムーズに手伝いの申し出ができると素敵ですよね。

今回紹介した内容をぜひ覚えておいてください。

また手伝いの申し出や申し入れをするときに備えて練習をしておきたいと思われたら、スパニッシモの無料体験レッスンをご利用ください。

実践練習をしておくことで、「手伝いましょうか?」とスムーズに言えるようになります。

初回レッスンの受講に不安がありましたら、日本人スタッフとの学習相談にてあなたのための学習アドバイスをします。

オンラインスペイン語会話をはじめるならスパニッシモ*

スパニッシモ紹介画像

スペイン語を話せるようになるには、インプットだけでなく、アウトプットとして、学んだことをどんどん練習することが大切です。

スパニッシモに在籍しているグアテマラ人講師とスペイン語を練習して話せるようになりませんか?

スパニッシモとは?

About Takuro

グアテマラと日本を拠点に展開するオンラインスペイン語会話サービス「スパニッシモ」の共同創業者。中米の国制覇+南米はペルーとボリビアに旅行経験アリ。グアテマラで起業後、累計9年滞在し、メキシコやスペインでの滞在歴もあり、スペインやラテンアメリカの国の生活事情について詳しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください