「調子はどう?」スペイン語での言い方やフレーズを紹介します!

誰かと会ったときは挨拶をしますよね。

挨拶のときに積極的に相手の調子を聞くことで、会話をスタートさせることがしばしばあります。

スペイン語ではどのように相手の調子を聞くのでしょうか。

 

そこで今回は、「調子どう?」など相手の調子を聞く挨拶で使えるスペイン語フレーズを紹介します

ここで紹介するスペイン語フレーズを学んで、挨拶の際に気楽に職場の同僚や友人、知人と会話を広げてみてください。

 

調子を聞く挨拶で使えるスペイン語フレーズ

本日覚えてもらいたいフレーズはこちら!

1.¿Cómo le va?調子はどうですか?)

2.¿Cómo anda? (調子はいいですか?)

3.¿Todo bien?すべて順調ですか?)

その他、上記に関連するフレーズを紹介します。

 

「¿Cómo le va?」で相手の調子を聞いてみよう!

相手の調子を聞くときよく使われるのが、こちらのフレーズです。

¿Cómo le va?(調子はどうですか?)

 

調子を聞くといっても、体調を聞いている場合も多いです。

その場合には、「元気ですか?」とほぼ同じ意味になります。

 

返事としては体調を答える場合、体調がよい、悪い場合はこのように答えます。

Estoy muy bien.私はとても良好です。)

Estoy mal.(私は、体調がよくありません。)

 

また、どちらとも言えない場合にはこのように答えることができます。

Más o menos.(まあまあです。)

Regular.(まあまあです。)

Nada especial.(特に変わりはありません。)

 

調子がよくない場合の返答は、具体的によくない状態を説明することになります。

「¿Cómo anda? 」でも、相手の調子を聞ける!☆

Andar は、「歩く。物事が進む。」というのが直接的な意味です。

しかしながら、「Andar」を使用して調子を聞くことができます。

 

例えば、このようなフレーズです。

¿Cómo anda?(調子はどうですか?)

こちらの意味は直訳すると「どんな具合に歩いていますか?」「どんな具合に物事が進んでいますか?」となります。

しかし、意訳として「調子はいいですか?」という意味と捉えられます。

基本的に、「¿Cómo le va?」と同様な意味になります。

 

ただ、使用できる対象が変わりますので、少し注意が必要です。

¿Cómo le va?  <初めての人でも使用可能

¿Cómo anda?  <親しい間柄でのみ使用(初めての人には使わない)

 

体調を聞く場合もありますが、仕事の具合がどうかなどを聞いている場合もあります。

親しい間柄では、仕事の調子を聞く場合にも使ってみてください!

 

「¿Todo bien?」と物事がうまくいっているか確認!

物事の調子や進捗などを聞くときは、下記のフレーズを使います。

¿Todo bien?(すべて順調ですか?)

 

このように質問された場合、返答に困ったことはありませんか?

Sí, todo bien. (はい。すべて順調です。)

と、さらっと返事ができる場合には、問題ないですね。

 

もし困っていることなどがあれば、ぜひ気になる点を質問をしてみましょう。

 

なお、¿Todo mal?(すべて不調ですか?)と質問することはありません。ご注意ください。

 

相手の調子を聞く場面での挨拶フレーズを使ったダイアログをみてみよう!

今回学んだフレーズを使ったダイアログでより会話のイメージを持ちましょう!

 

調子を聞く場面でのでの挨拶フレーズを使った会話例①

Carmen: ¿Cómo le va, Ken?

Ken: Estoy muy bien, gracias. ¿Y usted?

Carmen: Yo también. Gracias

 

会話例①の日本語訳

カルメン:調子はどうですか?ケン。

ケン:とても順調です。ありがとう。あなたは?

カルメン:私もです。ありがとうございます。

 

調子を聞く場面でのでの挨拶フレーズを使った会話例②

Ken: ¿Cómo anda, Sr. Jorge?

Jorge: ¡Como siempre!

 

会話例②の日本語訳

ケン:調子はどうですか?ホルヘさん。

ホルヘ:いつも通りです。

 

調子を聞く場面でのでの挨拶フレーズを使った会話例③

Ken: ¿Todo bien, Luis?

Luis: Estoy nervioso. Porque tengo que presentar mi informe hoy.

Ken: Buena suerte

 

会話例③の日本語訳

ケン:すべては順調ですか、ルイス?

ルイス:神経質になっています。今日、報告書を提出しないといけないので。

ケン:幸運を祈っています。

 

スパニッシモのビジネススペイン語コーチングコースで学んだ内容を練習しませんか?

今回は、「調子どう?」と挨拶と合わせて使えるスペイン語フレーズをご紹介しました。

ぜひ、挨拶がてら相手の調子を聞いて、仕事の会話をスタートしてみてください!

 

また実際にスペイン語会話で使えるようになるには、実践的な練習が必要です!

現在スパニッシモで開講しているビジネススペイン語コーチングコースでは、想定されるビジネスシーンに基づいた単語やフレーズを学び、ダイアログや練習問題を通じて、理解を深めていきます。

 

ビジネススペイン語コーチングコースの概要は下記からご確認いただけますので、ぜひご確認ください。

【ビジネススペイン語コーチングコース概要】実践練習を積み即戦力の人材を目指す!

ビジネススペイン語コーチングコースやその他、ご不明点がございましたら、お気軽にスパニッシモカスタマーサポートまでご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください