添削だけではない!?先生との対話で充実するスペイン語の履歴書【学習者インタビュー入澤沙織さん】

(最終更新日 2022/05/02)

メキシコキャリア養成講座では、スペイン語圏での就職活動に備えた履歴書の書き方講座を実施しています。 授業ではスペイン語の履歴書フォーマットの共有や使われる言い回しを学ぶこと、文章の添削を実施しており、授業を通して納得のいくスペイン語の履歴書作成のサポートをしています。

今回、メキシコキャリア養成講座のスペイン語の履歴書の書き方を学ばれた入澤沙織さんへ受講インタビューを行いました。本講座が入澤さんの履歴書作成においてどのように役立ったのでしょうか。本記事でご紹介いたします。

スペイン語の履歴書はどう書いたらいい?使える言い回しがわからない。

入澤さん

今回はスペイン語の履歴書の書き方講座についてお伺いしたいのですが、講座を受ける以前にスペイン語で履歴書を書いたことはありますか?

はい、以前にスペイン語で履歴書を書いたことがあります。初めて書いたときは、スペイン語での履歴書の書き方がわからなかったので、ネットで「スペイン語 履歴書 書き方」と検索して調べながら書きました。検索結果で参考となる履歴書を見つけたので、それを自分の経験に置き換えながら書いてのを覚えています。

実際にスペイン語での履歴書の書き方を調べながら書かれたとき、不安だったことありましたか?

自分の経歴や行ってきた仕事を日本語で説明するのって大変だと思うんです。それをスペイン語で履歴書にまとめるとき、どんな言い回しがいいのか、どう書いたら相手へ伝わるのかがわからず不安を感じていました。

例えば、スペイン語の履歴書について調べると、営業やマーケティングの仕事をされてきた方向けの参考例はすぐに見つかります。しかし、私の場合は転職歴も多くさまざまな職種を経験してきたので、参考例もあまりなかったので、言い回しもわからずスペイン語の履歴書の作成は難しかったです。

参考例がない状態で履歴書で使える言い回しがわからないと、相手に伝わるかどうか不安になりますね。

先生とのカウンセリングがスペイン語の履歴書を充実させる!

スペイン語での履歴書の書き方について受講していただいたことで、不安だったことやわからなかったことは解消できましたか?

履歴書の書き方の授業では、作成したスペイン語の履歴書を先生に添削してもらいながら進めていけます。スペイン語での言い回しをしっかりと学ぶことができ、先生にもしっかりとチェックしてもらうことができたので、納得のいくスペイン語の履歴書を書けたと思います。

納得のいく履歴書が書けたのですね!先生との授業はどのように進んでいきましたか?

まず授業で使用するスペイン語の履歴書教材にある複数のサンプルを参考にしながら、授業前に履歴書をつくりました。

作った履歴書は授業で先生にみてもらい、添削をしてもらいました。ただ授業で一番時間を使ったのは先生との対話です。この先生との対話がとてもよかったです。特に先生からカウンセリングのように、経歴について質問をしてもらうことで履歴書で書く内容を言語化に役立ちました。

例えば、役職についても自分では違いがわからないことを先生と話すことで、あなたの言っていることだと「〇〇」だね、と自分の経歴に合うスペイン語の役職名などを教えてもらうことができました。

その他にも、わからないことをすぐに相談できたり、スペイン語の添削をしてもらうことで、徐々に理想の履歴書ができていきました。

授業で使用するスペイン語の履歴書教材
授業で使用するスペイン語の履歴書教材

先生との授業を受けてよかった点はどんなことがありますか?

自分の経歴をスペイン語でどうやって説明するのか、それを先生と一緒に考えてもらえたのはとても心強かったです。特に自分の経歴を書くにも、どのような伝え方がより相手へポジティブに伝わるかのアドバイスはいい学びになりました。

スペイン語での履歴書の書き方を授業で学んでいただいたことで、自信になったことはありますか?

授業で学んだ履歴書で使えるスペイン語の言い回しや、先生からアドバイスを履歴書に反映していくことで、私が伝えたかったことがしっかりと含まれた納得のいく履歴書を書くことができたと思います。やはり会話の中で使うスペイン語と、実際に書面で書くスペイン語では伝え方が違います。もしこの授業を受けていなかったら、伝わりにくいスペイン語の履歴書になっていたかと思います。履歴書に最適な言い回しを学ぶことで、ビジネスの現場の方に伝わる履歴書ができるのではないかと思います。

スペイン語の言い回しを学ぶには、まず相手へ説明してみる!

今後スペイン語で履歴書を作成される方へ、作成するためのアドバイスをお願いします!

スペイン語で履歴書を書くときはフォーマットに沿って作成した上で、先生やその他経験のある方にチェックしてもらうことが重要です。一度自分のやっている仕事や経歴を先生などに説明してみて、言い回しや伝え方が適切か確認してもらうと、しっかりとした履歴書が作れると思います。ぜひ挑戦してみてください!

スペイン語の履歴書をまず作ってみる。そして自分が伝えたかったこと伝わっているか、チェックしてもらうのは大切ですね!今回はインタビューを受けていただき、ありがとうございました!

先生との対話がスペイン語の履歴書の中身を充実させていく!

今回はメキシコキャリア養成講座を受講している入澤さんのスペイン語の履歴書対策授業のインタビューをご紹介しました。

スペイン語の履歴書の書き方の授業を通じて、添削だけに留まらず、先生との対話をしていくことで内容が深まり、自信に繋がっていく過程がとても興味深かったです。

自らの視点だけでなく、やはり添削作業や対話を通じて、自分の経歴と向き合い履歴書の内容を深めることが大切だと感じました。

スペイン語の履歴書の書き方がわからない方は、メキシコキャリア養成講座で先生と対話をしながら履歴書を書いてみてはいかがでしょうか。

メキシコキャリア養成講座でメキシコ就職に挑戦しませんか?

メキシコキャリア養成講座は、スペイン語を使って働きたいと思う方々へおすすめの転職サービスつきスペイン語学習講座です。

スペイン語を使って仕事をしたい方、自分のスペイン語を高めてメキシコキャリアに挑戦したい方、海外で新しいキャリアを築きたい方は、ぜひ本講座へお申し込みください。

メキシコキャリア養成講座の概要はこちらから、ご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください