スペイン語の副詞を使いこなそう!用法と初心者に重要な副詞26!

(最終更新日 2024/01/10)

言葉に色を加え、スペイン語での表現を豊かにする副詞は、学習者にとってとても大切です。
この記事では、”-mente”で終わる副詞を筆頭に、スペイン語の副詞について紹介します。

この記事を通じて、副詞の基本から応用までを学び、スペイン語のコミュニケーションスキルを向上させましょう!

この記事でわかること
・副詞の意味と使い方
・-mente で終わる副詞
・-mente以外で終わる副詞

\スペイン語を話せるようになりたいあなたへ/
無料で体験できるオンラインスペイン語会話レッスン

延べ30万回以上レッスンを実施してきたスパニッシモの無料体験レッスンです。

  • 入会金・教材費無料で学習ができる
  • いつでも、どこでも受講ができる
  • グアテマラのネイティブ講師とマンツーマンで学習できる

スペイン語の初心者〜上級者の方まで受講できる
オンラインスペイン語レッスンをぜひ体験してください!

副詞とは?

副詞は8つある品詞のうちのひとつです。いつ、どこで、どのように、どれくらいの時間、どれくらいの頻度で動作が行われるかを表現するために使います。

また副詞は、動詞、形容詞、他の副詞や文全体を修飾する言葉です。
例えば、「rápidamente」(速く)は動詞を修飾し、「muy」(とても)は形容詞や他の副詞を強調します。

副詞の位置

スペイン語における副詞の位置は、意味を正確に伝えるために非常に重要です。

副詞は、動詞、形容詞、他の副詞や文全体に影響を与えることができます。

ここでは、副詞を文中で適切に配置する基本的なルールと例を紹介し、自然なスペイン語表現を身につける手助けをします。

副詞の基本的な位置

副詞は、主に以下の位置に置かれます。

  1. 動詞の直後
  2. 文の始め
  3. 文の終わり
  4. 形容詞や他の副詞の前

以下は、同じ副詞「claramente」(明らかに)を異なる位置に置いた場合の例文です。

副詞の位置例文日本語訳
動詞の直後Ella explica claramente.彼女ははっきりと説明します。
文の始めClaramente, ella tiene razón.明らかに、彼女は正しいです。
文の終わりElla tiene razón, claramente.彼女は正しいです、明らかに。

副詞の位置によるニュアンスの違い

先ほどご紹介した副詞の位置と例文が、どのような日本語のニュアンスになるのかを紹介します。

動詞の後に置いた場合(Ella explica claramente.)

この配置では、副詞は動詞「explica」(説明する)に直接影響を与え、「はっきりと」という副詞が動詞の行為を修飾します。つまり、彼女がどのように説明するか(明確に説明する)に焦点を当てています。

文の始めに置いた場合(Claramente, ella tiene razón.)

文の始めに副詞を置くと、その副詞は文全体に影響を及ぼし、話者の確信や文全体のトーンを設定します。この場合、「claramente」は話者が彼女の正しさについて強い確信を持っていることを示しており、全体的な声明としての彼女の正しさを強調しています。

文の終わりに置いた場合(Ella tiene razón, claramente.)

文の終わりに副詞を置くと、それはしばしば結論や結果を強調する効果があります。ここでは、「claramente」は彼女の正しさを強調するために使われており、話者が述べた事実や意見に対する自信の表れとなっています。また、話者が述べたことが自明であるかのように聞き手に伝えるために使われることもあります。

1400円相当のレッスンが無料で受けられる。スパニッシモの体験授業

-menteで終わる副詞

スペイン語における”-mente”を語尾に持つ単語は、日本語でいう「~に」という副詞に相当し、特に方法や様態を表す際によく使用されます。

この形の副詞は、形容詞から派生しており、作り方も非常にシンプルです。

ここでは、”-mente”副詞の作り方と例を通して、その使い方を学んでいきましょう。

“-mente”の基本的な形成方法

“-mente”は、基本的に形容詞に”-mente”を付け加えることで作られます。
この際、形容詞は女性形の単数形である必要があります。

以下にそのプロセスを紹介します。

ステップ1:形容詞を女性形の単数形に変換します
(もし形容詞が性の区別を持たない場合はそのまま使用します)。

ステップ2:その形容詞に”-mente”を付け加えます。

例えば、「速い」を意味する形容詞「rápido」(男性形)から副詞を作る場合、
ステップ1:まず女性形の「rápida」に変え、
ステップ2:「rápidamente」として「速く」を意味する副詞を形成します。

以下に具体的な例をリストで紹介します。

形容詞(女性形)“-mente”副詞意味例文日本語訳
rápidarápidamente速くHabla rápidamente.彼は速く話します。
claraclaramente明らかにVeo claramente la solución.解決策が明らかに見えます。
fácilfácilmente簡単にAprendió español fácilmente.彼は簡単にスペイン語を学びました。
felizfelizmente幸せにVivieron felizmente.彼らは幸せに暮らしました。

注意点

二つ以上の副詞を文中で使う場合は、最後の副詞にのみ”-mente”を付け、他は形容詞の女性形をそのまま使います。これはスペイン語の一般的な規則で、文章をより流暢にするためのものです。

例: Habla rápida y claramente.
(彼は速く、はっきりと話します。)

-mente以外で終わる副詞

スペイン語の副詞は、”-mente”副詞以外にも多くの副詞があり、それぞれが異なる方法で使われます。

これらの副詞は、文の中で様々な要素を修飾し、より具体的な情報を提供する役割を果たします

基本的な種類を7つに分類し、ご紹介します。

時間を表す副詞

時間に関する副詞は、日常会話において非常に重要です。これらは、過去、現在、未来といった時間の概念を表現する際に使われます。以下のリストは、日常生活でよく使われる時間を表す副詞を紹介しています。

副詞意味例文日本語訳
ahoraAhora voy a la escuela.今、学校に行きます。
hoy今日Hoy tengo una reunión.今日、会議があります。
ayer昨日Ayer fui al cine.昨日、映画に行きました。
mañana明日Mañana tengo libre.明日は暇です。

場所を表す副詞

場所を指し示す副詞は、物や人がどこにあるのか、どこへ行くのかを明確にします。以下に、位置や方向を示す基本的な副詞を挙げます。

副詞意味例文日本語訳
aquíここにEl libro está aquí.本はここにあります。
allíそこにVe allí para encontrarlo.それを見つけるためにそこへ行きなさい。
cerca近くにVivo cerca de la estación.駅の近くに住んでいます。
lejos遠くにLa playa está lejos.ビーチは遠くにあります。

方法を表す副詞

方法を表す副詞は、行動がどのように行われるかを説明します。これらは、動作の質や様式を伝えるのに役立ちます。以下は、日常的な会話で頻繁に使われる方法を表す副詞です。

副詞意味例文日本語訳
bienうまくElla canta bien.彼女は上手に歌います。
mal悪くLo hiciste mal.それは悪くやったね。
despacioゆっくりとHabla más despacio, por favor.もっとゆっくり話してください。
rápido速くCorre rápido.速く走って!

程度を表す副詞

程度を表す副詞は、動作や状態の強さや範囲を示します。これらは、感情や反応の強さを伝えるのに特に有効です。以下に、よく使用される程度を表す副詞を紹介します。

副詞意味例文日本語訳
mucho非常にMe gusta mucho la música.私は音楽がとても好きです。
poco少しBebo poco café.コーヒーは少ししか飲みません。
bastante十分にHace bastante frío hoy.今日はかなり寒いです。
demasiadoあまりにもComí demasiado.食べ過ぎました。

頻度を表す副詞

どのくらいの頻度で何かが起こるかを示す副詞は、日常生活のルーティンや習慣を説明するのに不可欠です。以下は、日々の活動の頻度を表すためによく使われる副詞です。

副詞意味例文日本語訳
siempreいつもSiempre desayuno temprano.いつも早く朝食をとります。
a veces時々A veces voy al gimnasio.時々ジムに行きます。
nunca決して~ないNunca llego tarde.決して遅刻しません。
frecuentemente頻繁にFrecuentemente leo antes de dormir.寝る前によく読書をします。

肯定と否定を表す副詞

肯定と否定の副詞は、話者の意見や態度を明確に示します。これらは、同意や反対の意を表現する際に使用されます。以下に、肯定と否定を表す基本的な副詞を挙げます。

副詞意味例文日本語訳
はいSí, quiero ir.はい、行きたいです。
noいいえNo, no necesito ayuda.いいえ、助けは必要ありません。
tampoco~もまたないNo me gusta el fútbol, tampoco el baloncesto.私はサッカーもバスケットボールも好きではありません。

疑問を表す副詞

疑問を表す副詞は、情報を求める際や不確かな事柄について問いかける際に使われます。以下は、基本的な疑問を表す副詞とその使用例です。

副詞意味例文日本語訳
cómoどのように¿Cómo estás?お元気ですか?
cuándoいつ¿Cuándo llegará?いつ到着しますか?
dóndeどこで¿Dónde vives?どこに住んでいますか?

まとめ:スペイン語の品詞「副詞」を使いこなそう!

今回は、スペイン語の副詞やその種類、文中で使用する位置などを紹介しました。

副詞の使い方によって文の意味や話者の意図が変わってくるので、使いこなせるように練習をしましょう。

副詞の使い方を練習したい場合、ぜひスパニッシモの無料体験レッスンを活用してください。

初回レッスンの受講に不安がありましたら、日本人スタッフとの学習相談にてあなたのための学習アドバイスをします。

オンラインスペイン語会話をはじめるならスパニッシモ*

スパニッシモ紹介画像

スペイン語を話せるようになるには、インプットだけでなく、アウトプットとして、学んだことをどんどん練習することが大切です。

スパニッシモに在籍しているグアテマラ人講師とスペイン語を練習して話せるようになりませんか?

スパニッシモとは?

About Takuro

グアテマラと日本を拠点に展開するオンラインスペイン語会話サービス「スパニッシモ」の共同創業者。中米の国制覇+南米はペルーとボリビアに旅行経験アリ。グアテマラで起業後、累計9年滞在し、メキシコやスペインでの滞在歴もあり、スペインやラテンアメリカの国の生活事情について詳しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください