スペイン語技能検定2級の徹底解説!試験内容やレベルを紹介します。

(最終更新日 2024/02/28)

  • スペイン語検定2級に興味はあるけど、どんな試験なんだろう。
  • 検定2級の合格は合格できるかな?
  • 検定2級の受験をしたいけど、自分のレベルにあっているかわからない。

スペイン語検定の中でも最上級レベルと言われている2級試験。

このレベルの受験を検討されている場合、既にスペイン語レベルも高い方が多いと思います。

就職活動や転職でのアピールはもちろん、スペイン語レベルの証明のために受験する方も多いです。

しかし、スペイン語検定2級の試験ではどのような問題が出題されるのか、受験に向けて情報を集めている方も多いかと思います。

そこで本記事では、スペイン語技能検定2級はどのような試験なのか、また出題される設問、2023年ではいつ実施されるのかについて解説します。

この記事でわかること
・スペイン語技能検定2級で求められるレベルや文法
・スペイン語技能検定2級の試験内容

試験合格に向けて、試験の内容を理解することで対策の方針決めに役立ちます。

ぜひ本記事で試験の概要をつかみ、受験をご検討ください!

✅あわせて読みたい

スペイン語技能検定2級で求められるレベル

スペイン語技能検定2級の合格率は10%程度といわれています。

最上級レベルの試験とあって、難易度も上がり、試験合格に向けての対策が必要です。

スペイン語技能検定2級では、以下のようなレベルが求められます。

  • スペイン語でのインタビューやスピーチを聞き取れる
  • フォーマルなスペイン語文章を書ける
  • 300語程度の長文を読み、理解できる
  • スペイン語の全ての文法テーマを理解している

スペイン語技能検定2級の文法範囲は、スペイン語の全ての文法テーマです。

直接法から接続法はもちろん、品詞などへの深い理解が求められます。

また長文読解やインタビューなどの聞き取りを求められることから、様々な分野で使われる単語を理解できている必要があります。

語彙数の目安は約3,500語程度です。

スペイン語技能検定2級はDELE試験B2レベル相当

スペイン語検定2級レベルは、DELE試験のB2レベル相当といわれております。

DELEの資格は国際的に認められており、世界中でスペイン語の実力を証明できる資格です。

DELEB2レベルはビジネスでスペイン語を使用できるレベルの目安となります。

メキシコの日系企業でも求める人物像として、DELEB2レベル合格をスペイン語のレベルの基準にしている場合があります。

スペイン語技能検定2級と比べると、試験の難易度は高くなりますが、4技能対策を行うことで総合的にスペイン語レベルを高めることができます。

DELEB2レベルの受験も合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

✅あわせて読みたい

スペイン語技能検定2級の配点と合格基準

試験は1次試験と2次試験に分かれます。

スペイン語技能検定2級の1次試験について

1次試験はマークシート方式の試験で、全部で5つの課題から構成されており、筆記試験(マークシート方式)とリスニング試験に分かれます。

以下の表は、筆記試験とリスニング試験の課題数と時間、配点の内訳です。

課題数試験時間配点
筆記試験465分85点
リスニング試験115分15点
合計580分100点

合格基準は「満点の70%程度」を獲得することです。

スペイン語技能検定2級の2次試験について

2級の試験からは2次試験として口頭試験が実施されます。

この試験は、1次試験の合格者のみ受けることができます。

準備時間は8分、試験時間は8分です。

準備時間内でメモを取ることはできますが、辞書の持ち込みなどはできません。

課題数試験時間配点
口頭試験116分
(準備8分、試験8分)
100点

スペイン語技能検定2級の試験内容

スペイン語技能検定2級は6つの課題で、あなたのスペイン語レベルを測定します。

問題は日本語で出題されます。以下より、各課題の内容をご確認ください。

【1次試験 課題1】 文法の空欄補充問題及び和訳問題

一つ目の課題は文法の理解度を測る問題です。250〜300語程度の長文を読み、空欄に当てはまる語彙を選択肢(1)〜(4)の中から回答します。

この問題は空欄の前後を読み解き、空欄に適切となる時制で活用された動詞または語彙を選択します。

2級の文法範囲はスペイン語の文法テーマ全てです。
そのため直接法から接続法の活用は必ず把握しておきましょう。

またサンプル問題では、和訳問題が示唆されています。
和訳を行う場合、正しく文法を理解していることはもちろん単語の知識が求められます。

普段からニュースなどを活用して、様々なテーマの長文を読むことに慣れておきましょう。

【1次試験 課題2】 動詞活用問題と和訳問題

二つ目の課題は、100〜150語程度の文章を読み、不定詞(動詞の原形)で表示される単語の活用をおこないます。その後文章を150字程度の日本語に翻訳する問題です。

動詞活用問題では、様々な時制への活用ができること及び文脈を読み解くことが求められます。

その後の和訳問題は、課題1と同様に文法の理解はもちろん単語の理解が必要です。

【1次試験 課題3】 スペイン語訳問題

三つ目の課題は、提示される日本語の文章をスペイン語に訳す問題です。

フォーマルな文章(依頼文や招待状、案内文)をスペイン語の定型に合わせてスペイン語で書くことが求められます。

依頼文や招待状、案内文などのスペイン語の文章の定型は必ず覚えておきましょう。

以下の記事ではメール文章などの定型を学ぶことができます。

✅あわせて読みたい

またビジネススペイン語コースにて定型文の作成などを学ぶことができます。

こちらも参考にしてみてください。

✅あわせて読みたい

【1次試験 課題4】 スペイン語訳問題

四つ目の課題も、日本語で提示される文章のスペイン語翻訳問題です。

こちらの課題では、日本の習慣やルールなどのテーマが出題されます。

普段から日本の習慣を伝える練習やルールなどについて説明していると容易かもしれません。

海外の人にとって日本の習慣やルールはとても興味深いものです。普段からネイティブの講師と練習しておくと対策につながります。

【1次試験 課題5】 リスニング問題

五つ目の最後はリスニング問題です。

ナチュラルなスピードで読まれるニュースやスピーチ、インタビューなどの音声を聞き、提示されるスペイン語文章と一致するか(Verdadero)、または一致しないか(Falso)を選択して回答します。

音声は3回聞くことができます。

ニュースやスピーチ、インタビューに関連する音声はpodcastやyoutubeなどで聞くことができます。

普段からこれらの音声コンテンツに慣れる他、何度もサンプル問題などを聞いてスペイン語のスピードに慣れることがおすすめです。

スキマ時間を活用して、リスニング対策を進めていきましょう。

【2次試験】 口頭試験問題

1次試験に合格すると、2次試験の口頭試験を受けることができます。

口頭試験は、準備時間8分と試験時間8分の合計16分です。

試験では、まず初めにスペイン語で書かれた3種類のテキストが渡され、そのうち1つを選びます。

準備時間で書かれている内容の把握と、提示される質問を踏まえて想定質問をまとめておきましょう。

メモを取ることもできますので、意見を述べるスピーチの構成と関連する単語をまとめておくと良いです。

試験では、テキストの音読と試験官との質疑応答があります。

口頭試験の評価項目は5つです。

  • 文法
  • 語彙
  • 構成力
  • 表現力・説得力
  • 発音・イントネーション

これらを独学で対策もできなくはないですが、自身で上記の評価項目を満たしているか判断することは難しいです。

そのため普段からネイティブ講師と音読や質疑応答の練習をおこない、発音や発話の際の文章構成などを細かく確認しておきましょう!

スペイン語技能検定2級のサンプル問題はこちら

スペイン語技能検定2級試験のサンプル問題はこちらからご覧いただけます。

スペイン語技能検定2級の申し込み方法

試験はオンラインで申し込むことができます。

お申し込みはこちらのページをご参照ください。

2024年のスペイン語技能検定試験の日程

スペイン語技能検定は、年2回の開催です。

  • 夏季
    一次試験 2024年6月23日(日)
    二次試験 2024年7月28日(日)
  • 冬季
    一次試験 2024年12月8日(日)
    二次試験 2025年1月26日(日)
公共財団法人日本スペイン協会

申し込みは試験日の2〜3ヶ月前から開始します。

申込期間や受験人数には限りがありますので、受験される場合は早めの申し込みを心がけましょう。

まとめ:スペイン語技能検定2級試験

スペイン語技能検定2級からは筆記とリスニングの試験に加えて、2次試験として口頭試験があり、難易度もさらに高くなります。

しかし、試験に合格することでビジネスでも通用するスペイン語レベルの証明につながるでしょう。

ぜひ、今回紹介した内容を参考に試験対策を進めてみてください。

試験対策が一人では難しいと思われる場合…

最上級レベルの試験となると、試験対策も一筋縄ではいきません。

特に2次試験から実施される口頭試験では、文法、語彙、構成力、表現力や説得力、発音やイントネーションが評価されます。

独学での口頭試験対策は難しく、講師に添削などをお願いすることで効果的に対策を進めることができます。

スパニッシモのオンラインスペイン語レッスンでは、ネイティブのスペイン語講師とのマンツーマンだからこそ、きめ細やかなサポートで試験対策をサポートできます。

試験合格に向けて効果的に学習をされたい場合は、ぜひスパニッシモの無料体験レッスンを活用してください。

*スパニッシモのスペイン語の認定試験「DELE」対策講座*

スペイン語の資格試験では、検定の他にDELE試験があります。

スパニッシモでは、DELE試験に特化した対策コースを提供しており、これまで多くの生徒様の対策をサポートしてきました。

本コースはDELE試験監督の資格を持つ講師とマンツーマンで対策をすることで、読む、書く、聞く、話すの4技能を総合的に伸ばしていくことができます。

スパニッシモのDELE対策で試験の概要やコツをつかんで、自信を持って試験日を迎えませんか?

DELEコーチングコースとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください