お盆を簡単なスペイン語で説明する方法

(最終更新日 2023/06/28)

今回は日本の重要な伝統的な行事、お盆を紹介します。お盆は日本全国で行われる行事で、故人を偲び、先祖の霊を家に迎える時期です。

しかし、この特別な期間をスペイン語でどのように説明すればよいのでしょうか?

この記事では、お盆の起源からその期間、行われる行事まで、お盆についての基本的な知識を解説します。そして、それらをスペイン語でどのように表現するか、具体的なフレーズや表現を紹介します。

この記事でわかること
・お盆の基礎的な情報
・スペイン語でお盆を表現する方法

この記事で、スペイン語で「お盆」を適切に説明できるようになりましょう!

お盆を理解しよう

毎年の夏の恒例行事であるお盆ですが、その由来や行事の意味を人に説明できるほど理解しているわけではないかもしれません。ここでお盆について簡単におさらいしましょう。

お盆の起源

お盆は、日本の伝統的な行事であり、毎年夏に行われます。

その起源は古代中国の仏教行事に遡ることができます。お盆は、故人の霊を敬い、家族が一堂に会する機会となっています。 

お盆の期間中、日本人は先祖の霊を自宅に迎え、供養します。これは、先祖の霊が一年間の無事を見守ってくれた感謝の気持ちを示すとともに、先祖を偲ぶ重要な時間です。

お盆は、日本の家庭や地域社会で深く根付いており、多くの人々が故郷に帰省し、家族と過ごす時間を大切にします。また、お盆は日本の文化や価値観を反映しており、敬意、感謝、家族の絆の大切さを象徴しています。 

お盆の期間

お盆は日本全国では一般的に新暦の8月13日から16日までの4日間を中心に行われます。

しかし、地域によっては7月に行われることもあります。

  1. 旧暦7月15日(旧盆)・・・沖縄地方など
  2. 新暦7月15日(新盆)・・・東京、横浜、静岡など
  3. 新暦8月15日(月遅れの盆)・・・その他の地域

一般的な新暦でいいますと、2023年(令和5年)のお盆期間は、【8月13日(日)~16日(水)】です。

お盆の行事

新暦の8月13日〜16日の期間を参考にご紹介します。

8月13日=「迎え盆」

まずはお墓から気持ちよく来ていただけるようにお墓の掃除をします。

家では、先祖の霊を迎えるために、盆棚(精霊棚)の準備をし、家の入口に提灯を吊るし、香を焚きます。また、お盆の期間中は仏壇に供え物を置き、先祖を敬います。 

様々な準備をしますが、その一つに。精霊馬・精霊牛(しょうりょううま・しょうりょううし)があります。これは、先祖があの世とこの世を往来するための乗り物です。ナスやキュウリに割り箸などで足を付け、馬や牛の形を作ります。馬はなるべく早くこの世に来られるため、逆に牛はなるべくゆっくりあの世に帰ってもらうためだとも言われます。

夕方になると、素焼きの小さな土鍋またはお皿の上で、苧殻(おがら)を焚き(迎え火)、盆提灯に火を灯します。火を目印にして、ご先祖の霊を自宅に招きいれます。

地方によってはお墓から自宅までの間に、目印として火を灯した提灯を設置するところもあります。

8月14日、15日

家族や親族が集まりお墓参りをします。その後自宅に僧侶を招いて法要をします。法要が終わったあとに、皆で会食をすることもしばしばです。

8月16日=「送り盆」

最終日は、先祖の霊を送る日です。できるだけ遅い時刻に送り火を焚き、家族は提灯を手に、先祖の霊を送り出します。また、多くの地域では、盆踊りという伝統的な踊りが行われます。これは、先祖の霊を楽しませ、送り出すための踊りです。地方によっては「精霊流し」や「灯籠流し」などを行います。

お盆をスペイン語で説明してみよう!

お盆についておさらいをしたところで、スペイン語でどのように説明するかを紹介します。

ここでは、お盆に関連するスペイン語単語や具体的なフレーズを紹介します。

お盆に関連する単語

スペイン語日本語
Obonお盆
Fiesta budista de los difuntos仏教の先祖供養の祭り
El comienzo de Obon迎え盆
El final de Obon送り盆
Ofrendas供え物
Antepasados先祖
Rinden homenaje.敬意を表する
cuelgan farolillos提灯をつるす
Inciensoお香
Espíritus de sus antepasados先祖の霊(祖霊)
Berenjenasナス
Pepinosキュウリ
Palillos desechables割り箸
Vaca
Caballo
Ofrendas conmemorativas 供養をする
Bon Odori (un baile tradicional )盆踊り
Despedirseさよならを言う

お盆をスペイン語で説明すると?

El Obon, también conocido como “festival budista de los muertos”, es un acontecimiento tradicional japonés que se celebra del 13 al 16 de agosto. Durante el Obon, las familias japonesas invitan a sus antepasados a sus casas y les rinden homenaje.

(お盆は、「仏教の死者の祭り」とも呼ばれ、8月13日〜16日に祝う日本の伝統行事です。お盆の間、日本の家族は先祖を自宅に招き、敬います。)

El primer día del Obon, conocido como el “El comienzo de Obon”, las familias cuelgan farolillos en la entrada de las casas y queman incienso para dar la bienvenida a los espíritus de sus antepasados.

(お盆の初日、「迎え盆」と呼ばれるこの日、家族は玄関に提灯を掲げ、先祖の霊を迎えるためにお香を焚きます。)

En el interior de las casas y delante del butsudan (el altar familiar budista) se coloca un “altar de los espíritus” llamado shoryo-dana. Enfrente se coloca una mesa en la que se sirven pequeñas porciones de los platillos favoritos de los difuntos, como arroz, verduras, frutas o pasteles.

(家の中の仏壇の前には「精霊棚(しょうりょうだな)」が置かれます。その前にはテーブルが置かれ、故人の好物であった米、野菜、果物、餅などが少しずつ供えられます。)

Las ofrendas varían según cada casa y según el gusto de cada difunto. No obstante, nunca hay ni pescado ni carne, siguiendo el precepto budista de rechazar el sacrificio de animales.

(お供え物は家によって、また故人の好みによって異なります。ただし、動物を供養しないという仏教の戒律に従い、魚や肉は供えません。)

Eso sí, es muy típico añadir a esas ofrendas un platillo de rakugan, unos dulces de azúcar y almidón de arroz con forma de frutas y flores de loto. Pero también habrá mochi, senbei… Y básicamente lo que quiera preparar la familia. 

(これらの供え物には、フルーツや蓮の花の形をした砂糖とお米のでんぷんから作られる落雁というお菓子を添えるのが一般的です。しかし、もちやせんべいなど、基本的には、家族が準備したいものをお供えします。)

Además, se atraviesan berenjenas y pepinos con palillos desechables para hacer jinetes de vacas y caballos. Son vehículos que utilizan los espíritus antepasados para viajar entre el más allá y este mundo. 

(また、ナスやキュウリに割り箸を刺して、馬と牛の乗り物を作ります。これは、先祖の霊があの世とこの世を行き来するための乗り物です。)

ナスとキュウリでつくる精霊馬と精霊牛の画像

Se dice que el caballo es para que los espíritus ancestrales vengan a este mundo lo más rápido posible, mientras que la vaca es para que regresen al otro mundo lo más despacio posible.
(馬はなるべく早くこの世に来られるため、逆に牛はなるべくゆっくりあの世に戻ってもらうためのものだと言われています。

También hacen ofrendas al altar budista de casa y ofrendas conmemorativas a sus antepasados.
(また、自宅の仏壇にお供え物をし、先祖を供養します。)

El último día del festival Bon se llama “Okuribon”, cuando las familias se despiden de los espíritus de sus antepasados. En muchas partes de Japón se celebra el Bon Odori, un baile tradicional para agasajar a los espíritus de los antepasados y despedirse de ellos.

(お盆の最終日は「送り盆」と呼ばれ、家族が先祖の霊に別れを告げる日です。日本の多くの地域では、先祖の霊をもてなし、別れを惜しむ伝統的な踊りである「盆踊り」が行われます。)

まとめ スペイン語でお盆に関する表現

今回はお お盆の起源、期間、行事について説明し、それらをスペイン語でどのように説明するかについての具体的な単語とフレーズを紹介しました。 

故人の偲び方は、その国の人々の価値観と深く結びついているため、相互理解にとっては非常に良いテーマといえます。

スペイン語でお盆について説明したい、または事前に日本の文化や行事についてスペイン語で説明する練習をしたい方は、ぜひスパニッシモの無料体験レッスンを活用してください。

 初回レッスンの受講に不安がありましたら、日本人スタッフとの学習相談にてあなたのための学習アドバイスをします。

オンラインスペイン語会話をはじめるならスパニッシモ*

スパニッシモ紹介画像

スペイン語を話せるようになるには、インプットだけでなく、アウトプットとして、学んだことをどんどん練習することが大切です。

スパニッシモに在籍しているグアテマラ人講師とスペイン語を練習して話せるようになりませんか?

スパニッシモとは?

About Takuro

グアテマラと日本を拠点に展開するオンラインスペイン語会話サービス「スパニッシモ」の共同創業者。中米の国制覇+南米はペルーとボリビアに旅行経験アリ。グアテマラで起業後、累計9年滞在し、メキシコやスペインでの滞在歴もあり、スペインやラテンアメリカの国の生活事情について詳しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください