DELE B2の入学試験を受けて見えた対策の指針!独学では難しい筆記の対策方法とは?

DELEコーチングコースでは、コース開始時の入学試験、コース中盤で実力を測るDELE模擬試験を実施して、レベル判定を行い習熟度に合わせて4技能の学習を進めていきます。

DELEコーチングコースをご受講された方の多くは、入学試験や模擬試験でご自身のレベルや弱点を把握して、より効果的に対策を進めています。

DELEコーチングコースの流れ
DELEコーチングコースの流れ

今回は見事B2レベルに合格をされたHさんへ、DELEコーチングコースでの入学試験についてや模擬試験を受験するまでの学習について伺いました。

入学試験C判定!DELEコース入学試験で現実が突きつけられた。

受講開始前にまず4技能のレベル測定を行う入学試験を受けて頂きました。入学試験はいかがでしたか?

入学試験は内容が難しいと感じました。特に印象に残っているのがリスニング問題です。試験問題がほとんどわかりませんでした。

また筆記試験でも、入学試験を受ける前は割と文章を書けると思っていたのですが、試験で文章を書くにあたって、文章の構成や定型文などを把握できておらず、手が止まってしまうこともありました。

入学試験当時はスペイン語に触れるのも久々ということもあって、もともと理解していたことでも、久々に思い出しながら試験問題を解いてみると、忘れていることもたくさんあることに気づきました。

時間が経つとわからなくなってしまうこともありますよね。Hさんの場合、入学試験の結果はC判定でした。こちらは採点結果に合わせてA~Dの判定で結果が出ているのですが、この試験結果はご自身にとっていかがでしたか?

正直、C判定の試験結果を受け取ったときはかなり焦りました。どの技能というよりも、それぞれの技能を全体的に伸ばしていく必要があって、まだ自分はDELEのB2レベルに達していないという現実を突きつけられた感じです。

HさんのDELEコーチングコース入学試験結果
(HさんのDELEコーチングコース入学試験結果)

これまで受講された多くの生徒の皆さんもおっしゃっていましたが、最初にレベル判定が出ると現実を突きつけられますよね。入学試験結果を元にHさんに適した学習カリキュラムを講師から提案させていただきました。レッスンはどのように進められましたか?

DELEコースのレッスンでは問題形式に慣れるために過去問や練習問題を使った授業をしました。

また独学だとどうしても自己採点できない作文や会話を先生に重点的に見てもらうことができたのはよかったです。独学で書いてはみたけど、これが合っているのかなど判断できなかったので、しっかり先生にチェックしてもらえることはありがたかったです。

また授業以外でも予習・復習を徹底して行いました。その他にも作文や読解問題に取り組むにあたって、スペイン語文法の知識が足りていないと感じていたので、『本気で学ぶスペイン語ドリル』という教材を何周も繰り返しながら学習をしました。

HさんがDELE対策の自己学習で使用されていた教材
(HさんがDELE対策の自己学習で使用されていた教材)

先生とのレッスンで試験問題に慣れつつ、自己学習では難しい筆記や会話の練習をされて、自己学習でも文法教材などを活用して学習をされていたのですね!
では、実際に入学試験で難しかったとおっしゃっていた筆記やリスニングでの対策についてお聞かせください。

【筆記対策】先生とのやりとりが全て!添削やアドバイスを元にスペイン語の文章を磨いていく。

筆記対策では、自身が書いた文章が正しいかの判断をすることができないとおっしゃっていました。こちらの対策はどのように進めましたか?

筆記対策は先生とのやりとりが全てだったと思います。私の場合、授業前に宿題として書いた文章を先生に送り、授業中に提出した筆記試験の回答を採点をしてもらいながら、それぞれの採点結果について解説をしてもらいました。また私の回答をより良くするための添削を先生が一緒に取り組んでくれました。この作業が出来たことで、文章の構成の仕方や、使えるフレーズなどを学ぶことが出来てよかったです。

授業後は最初に一人で書いた文章と、先生に添削をしてもらい仕上がった文章の違いを見比べ、もう一度自分で書き直す練習をしました。また先生からアドバイスをもらった中で、このフレーズはいいなと思ったものをノートにまとめました。

授業後の自己学習においても添削内容やまとめたフレーズ集は役立ちました。自己学習では接続詞や文章構成を覚えることに集中することと、先生とのやりとりで学んだ使えるフレーズをいつでも使えるよう練習しました。

筆記試験対策の流れ
(筆記試験対策の流れ)

先生にアドバイスをもらうことで、より効果的に対策ができたのですね!筆記対策で練習をしていく中で最も効果的だったと思うことはなんですか?

作文で使えるフレーズを学べたこともそうですが、特に筆記対策では書く文章の字数の感覚をつかめたのがよかったです。字数の感覚がない場合ですと、文章を書き終えた後に字数を数えないといけません。今回何度も書く練習ができたからこそ、文章量を掴めるようになったのだと思います。

また授業を受けたことで、自分の苦手な部分やよく間違えてしまうところの傾向を知ることができました。文法の時制で間違えやすいポイント、文法の使い回しが苦手なポイントを先生との授業で見えてきたので、しっかりと対策ができました。

そしてこれまでに私は言いたいことはあるけど、なかなか言葉として出てこなく思ったように書けないという課題がありました。今回授業で練習を積み重ねることで、徐々に筆記の表現力が増したと実感しております。筆記試験の対策はなんとなく後回しにしていた部分であったので、成長を実感しながら改めて書く重要性がわかったのは大きかったです。

何度も書いて先生と確認をしたからこその気づきや掴んだ感覚ですね!先生とのレッスンが役立ったことがわかり、とても嬉しいです!

【リスニング対策】スキマ時間を活用して問題を聞き慣れていく!

次にリスニングについてお聞きしたいのですが、入学試験の感想でリスニング問題がほとんどわからなかったとおっしゃっていました。リスニングを伸ばしていくにあたって、どのような学習をしましたか?

まず試験問題に慣れることです。これは先生との授業の中でやっていました。また問題を聞けるようになるため、DELEコースで使用している試験対策教材の音源をスマホにダウンロードして、電車などの移動時間やスキマ時間を活用して毎日聞いていました。

自己学習で、スペインのニュースを聞いたりしてリスニングを伸ばしている方もいると思います。しかし、私の場合はそれをやってたら間に合わないと思い、試験問題をひたすら聞き慣れることにフォーカスしました。

スキマ時間を活用して、試験問題の音声を聞き慣れていったのですね!実際に日々音声を聞くことで、聞けるようになってきたと実感できた瞬間はありましたか?

聞き取れるようになったと感じたのは試験直前だったと記憶しています。音声で話されていることを一つづつしっかりと聞き取るより、大枠をつかんでニュアンスを理解していくことで、内容を理解できるという気づきがありました。

また自分の馴染みがない国で話されるスペイン語のアクセントも聞き慣れていないと難しかったと思います。

日々音声を聞く習慣をつけたからこそ、どのように理解をしていくかのコツをつかんだのですね!

====================

入学試験でご自身の現実を目の当たりにしてから、自分では対策が難しい筆記対策や、全くわからなかったリスニングの対策、その他の技能をご受講いただいたHさん。

DELEコーチングコースを受講したことで、ついに模擬試験を迎えました。

次回はHさんの模擬試験の結果やその後の学習について、またモチベーションをどのように維持していたかなどを伺っております。

ぜひ、ご覧ください。

おわりに

DELE試験対策を効果的に行う場合、ご自身の現在のスペイン語レベルや弱点を把握することはとても重要です。

スパニッシモではDELE対策を始める方へまずご自身のスペイン語の現在地を把握することをおすすめしています。

そしてHさんのおっしゃる通り、レベル判断をしたからこそ得られる気づきや、そこから合格までどのような対策が必要かが見えてくるのではないでしょうか。

DELE対策はしたいけど、試験に向けて何をすべきかわからないという方はぜひDELEコーチングコースの入学試験を受けてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください