DELE A1試験を徹底解説!合格に向けて試験の理解を深めよう!

(最終更新日 2022/12/14)

スペイン語学習をある程度進めると、自分のスペイン語レベルを測りたくなりますよね。

スペイン語レベルを測るのに試験を検討されている方も多いかと思います。

スペイン語試験の中で、世界で最も認知されている試験は「DELE」です。

DELE試験は6つのレベルに分かれており、スペイン語初心者におすすめのレベルは、最も易しいレベルであるDELE A1レベルです。

本記事では、DELE A1レベルについてご紹介します。

DELE A1レベルについて理解をして、試験対策を始めていきましょう!

DELE A1で求められるレベル

DELE A1で求められるレベルは、以下のような状態です。

  • 簡単な自己紹介や会話ができること
  • 趣味や家族構成などの簡単な内容について質問ができること
  • また上記質問の返答をすることができること

例えば、

「Mi nombre es~.(私の名前は~です。)」で自己紹介ができたり、

「Yo soy de Japón.(私は日本出身です。)」などを使用して出身について話すことができる状態です。

DELE A1レベルでは、規則動詞、不規則動詞の現在形の知識が必要となります。

例)Te doy mi libro(私の本を君にあげます。) ※Dar(与える)の1人称現在形

また未来形や一部の目的格代名詞について出題されることもあります。

DELE A1試験の配点と合格基準

試験は二つのグループに分かれます。

Grupo1

  • Comprensión de lectura(読解)
  • Expresión e interacción escrita(筆記表現)

Grupo 2

  • Comprensión auditiva(リスニング)
  • Expresión e interacción oral(会話表現)

各技能の試験の配点は25点ずつです。

試験は各グループで30点以上ずつ獲得した状態で、合計60点以上の得点を取ることで合格です。

どちらかのグループの合計点数が30点以下である場合、一方のグループが得点が高く合計60点以上を獲得した場合でも不合格となります。

DELE A1の各技能試験について

DELE A1では、以下の4つの技能の試験を行い、総合的にあなたのスペイン語レベルを測定します。

  1. Comprensión de lectura(読解)
  2. Expresión e interacción escrita(筆記表現)
  3. Comprensión auditiva(リスニング)
  4. Expresión e interacción oral(会話表現)

また、全世界で共通の問題が出題されるため、問題文は全てスペイン語で表記されています。

Comprensión de lectura(読解)

読解試験は4つのTarea(課題)があり、全25問に回答します。

試験時間は45分です。

Tarea1では、メール文面を読み、5つ(1〜5)の設問に回答します。各設問では3つの選択肢が提示されます。

Tarea2では、例文を含めて10個のメッセージ(A~Jで提示される短い広告や張り紙、メモ書きなどです。なお、Aは例題です。)を読み、その後提示されている6つの文章(6〜11)の内容に最も適切なものを結びつけます。

Tarea3では、10本の広告(A~Jで提示されます。Aは例題です。)を読み、その後提示されている6つの選択肢である文章(12〜17)の内容に最も適切な内容を結びつけます。

Tarea4では、提示される文章を読み、8つ(18〜25)の設問に回答します。各設問では3つの選択肢(A, B, C)が提示されます。

Expresión e interacción escrita(筆記表現)

筆記表現の試験は、2つのTarea(課題)があります。全25問に回答します。

試験時間は25分です。

Tarea1では、提示される申し込み用紙やフォームに自身の名前や性別などの情報を正しく記入した上で、提示される質問(自己紹介など)を文章で記述します。

Tarea2では、提示される課題(推薦状や賃貸の紹介など)を30〜40語で記述します。

Comprensión auditiva(リスニング)

リスニングの試験は、4つのTarea(課題)があり、全25問に回答します。

試験時間は25分です。放送される音声は2度聞くことができます。

音声を聞き、解答用紙にマークをします。

Tarea1では、5つの2人の会話音声を聞きます。音声は2回繰り返されます。

各会話には設問があり、会話を聞いたあとに3枚の画像(A, B, C)から最も適切なものを選んで回答します。

Tarea2では、5つのメッセージを聞き、提示される10の選択肢(A~Jで提示される画像)の中から、メッセージ(6~10)と関係のあるものを結びつけます。なお、音声は2回繰り返されます。

Tarea3では、ある人物が話す内容を聞き、8つの質問(11~18)に回答します。回答は提示される11個の選択肢から選びます。なお、音声は2回繰り返されます。

Tarea4では、ある人物が話す内容を聞き、提示される7つ設問に回答します。設問は空欄のある文章が提示されるため、8つの選択肢から最も適切なものを選び文章を完成させます。

Expresión e interacción oral(会話表現)

会話表現の試験は、3つのTarea(課題)があります。

試験は10分の準備時間と、10分程度の口頭表現の合計で20〜25分程度です。

準備時間では、事前に意見や考えなどをメモすることができますが、試験中にメモを見て読み上げることはできません。

Tarea1では、自己紹介です。例えば以下のような内容を話します。試験時間は1〜2分です。

  • 名前
  • 年齢
  • 国籍
  • 住んでいる場所
  • 職業または学んでいること
  • 自身の性格
  • 使用できる言語

Tarea2では、提示される5つの選択肢から3つ選び試験官に説明します。

仕事や一週間の出来事、交通手段などのテーマが出題されます。

試験時間は2〜3分です。

Tarea3では、Tarea2で説明した写真について試験官と簡単な会話をします。(3~4分)

スパニッシモのDELE対策「DELEコーチングコース」

スパニッシモではDELE対策として、「DELEコーチングコース」の開講をしております。

DELE受験をご予定されている場合、ぜひご検討いただけますと幸いです。

DELEコーチングコースの詳細は下記からご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください